お知らせ

左右の脚の長さの違いが、骨盤や腰のゆがみに大きく影響を与えていることが近年の調査で分かってきています。

椎間板ヘルニアの治療手術を受ける予定の方を対象に調査を実施したところ、脚の長さが短いほうに発症する傾向があることが報告されています。

脚の長さの違いが少ないほど椎間板ヘルニアの痛みが改善するということは断言できませんが、脚の長さの違いによって腰の正常な動きに影響を与えることは十分に考えられます。

脚の長さが左右異なることは、日常生活が大きく関係しています。例えば、日頃からの姿勢はもちろん、脚を組む時にいつも同じほうの脚を上にする等の癖、歩き方の癖による外反母趾や筋肉の付き方の違い・・・、適切な治療を経て、快適な毎日を送りましょう。

 

腰や脚の痛みにお悩みの方は、ぜひ藤橋流整体をお試しください!


痛みにさようなら! 可児市で一番人気!
藤橋整体治療院 可児分院
TEL:0574-58-1713
受付時間 9:00~20:00(施術終了21:00)
定休日:不定休 お客様のご希望を優先しております!

アクセスマップ ☞ MAP