お知らせ

今なら初回60分1,500円(税込)でお試しいただけます!ぜひご利用ください。
TEL:0574-58-1713


人は誰も寝ている間に呼吸が止まりますが、復活する時に血管に負担がかかります。
それが何度も起きると無呼吸症候群と診断されます。

・睡眠中に呼吸が止まっていると言われたことがある
・起床時に体のだるさや頭の重さ、頭痛がある
・毎晩、大きないびきをかくといわれる
・日中に眠くなることがある
・最近数年間での体重の増加がある
・メタボリックシンドロームと指摘されたことがある

上に当てはまる場合には、睡眠時無呼吸症候群の疑いがあるかもしれません。
睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome:SAS)とは、眠っている間に呼吸が止まる状態を繰り返してしまう病態です。
無呼吸とは10秒以上の気流停止(気道空気の流れの停止状態)を指し、無呼吸が7時間の睡眠中に30回以上、または1時間あたり5回以上あれば、睡眠時無呼吸と診断されます。

国内の睡眠時無呼吸症候群(SAS)潜在患者数についての報告は少ないものの治療が必要な重症者に限定し推定すると300万人以上とされています。睡眠時無呼吸を自覚することは難しい事が多いため潜在的無自覚者が多数とされ、重症の場合放置すると徐々に健康に悪影響を与えるため注意喚起がなされています。

事実、現在広く普及している治療法“CPAP療法”での治療者数は2012年時点で矢野経済研究所の報告“在宅医療市場の現状と展望”にて20数万人程度 と報告されており、睡眠時無呼吸の病態が多くの方に見過ごされている事が分かります。

この病気は体に負担が大きいので、心当たりのある方は一度受診をお勧めします。この病気は意外と深刻ですよ。


痛みにさようなら! 可児市で一番人気!
藤橋整体治療院 可児分院
TEL:0574-58-1713
受付時間 9:00~20:00(施術終了21:00)
定休日:不定休 お客様のご希望を優先しております!

アクセスマップ ☞ MAP


四十肩、五十肩、ぎっくり腰、ひどい腰痛、ひどい肩こり、骨盤ゆがみ等、「治療は初めて」という方、他治療院で思うように回復出来なかった方も、ぜひ一度ご来院ください!